レモングラス…花言葉は「爽快」

ススキによく似た姿で風にそよぐのはレモングラス 我が家とのお付き合いもすでに10年になろうかというお馴染みさんで、葉に触れると爽やかなレモンの香りが漂います。日本の高温多湿な夏が大好きで、他のハーブ達が雨と湿気に苦しむ梅雨のジメジメをものともせずに成長して、夏から秋にかけて1mほどに葉をのばして茂ります。

そして…秋も深まり11月下旬になると、首をたれて元気がなくなるので根元から15cmほど残してカット

最初はガイドブックの指導に従い冬前に鉢にあげて、屋内で越冬させていたのですが、真冬の屋内で切り込んだ株から青い葉っぱがひょろひょろ伸びたりするので、「大丈夫かも…?」の思いで、株が大きくなってきた3年目から屋外での越冬を決行…葉っぱを刈り込んだ株の上に保温のために藁をかぶせておいたところ、春遅くに芽をだしてくれたのです。

以来毎年屋外で越冬し、病気や虫の害もなく水やりをしたこともないのに、そんな放任栽培を謳歌するかの健康優良ハーブの筆頭です。

精油成分『シトラール』

レモングラスに含まれる精油成分のうち80~90%ほどを占める主成分は『シトラール』

レモンと同じ香り成分で、「レモンのような香りを放つ細長い葉

Glass leaf:イネ科の葉の細い草」が『レモングラス』の名前の由来です。

シトラールはそのすっきりとした香りが副交感神経の働きを助け、精神の調和を促すため、眠気を覚まし、うつな気分を和らげ、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果をもつメンタルに嬉しく頼もしい成分。

さらに「天然の抗菌剤」とも言われるほど殺菌抗菌作用があるため、風邪などの感染症の予防や腹痛、下痢の緩和に、水虫の治療にも利用されるなどその活躍は多彩です。

胃の働きを助けて消化を促進し、脂肪の分解を促す消化促進効果もあると知ると、食べ過ぎて胃もたれしたときや胸やけのするときなど、ハーブティーに癒されるのは、科学的な裏付けがあったのだと、改めて納得

『シトラール』以外のレモングラスに含まれる成分『ゲラ二オール』や『ネラール』はその香りを虫が嫌うため防虫スプレーにも使われる有用成分で、この香りを嫌う猫も多いので、猫除け効果も期待できます。乾燥させた葉を使って作るサシェをクローゼットに忍ばせると防虫効果を期待できるのはこの『ゲラ二オール』や『ネラール』のおかげさまなのです。

この効果を期待したレモングラスの植栽をインドの紅茶産地ダージリンで10年も前に見かけました。ヒマラヤ山脈の麓2000mの高地に広がる茶園のそこここにレモングラスがそよいで「無農薬栽培を進めるにあたり、害虫回避に効果的」とのことでした。冬の寒さが厳しいかの地でも健気に冬越ししてお茶の葉を害虫から守っている姿が印象に残っています。

レモングラスはインド原産のハーブで、数千年前から栽培され、伝統医学アーユルヴェーダでは、伝染病・発熱・鎮静・殺虫などに効果がある生薬として用いられてきた歴史をもつハーブです。茶園のレモングラス使いはそんな歴史の上に紅茶の有機栽培に一役買っているのですね。

ハーブティーに… フレッシュな葉を使って抽出したハーブティーは香りも色もすこぶる豊かです。ミントやカモミールなどとのブレンドもまた美味 刈り取って3~4cmにカットし、乾燥させておけば、季節を問わず使えます。

紅茶や緑茶に加えて…フレッシュな葉を2~3カット加えて抽出すると爽やかな風味をプラスすることができますょ。

白ワインがハーバルワインに変身!…少々期待外れな白ワインも、ボトル1本(750ml)に15cmほどにカットした葉を10枚ほど入れて1日おくと、香りが移って新生レモンワインが出来上がります。

バスタブに葉を入れてみて… 爽やかな香りが立ち上り、そのリフレッシュ効果はいつまでも浸かっていたいほどの心地よさ…。

クラフトに…まず刈り取って乾燥 クラフト利用にあたっては、湿らせてから揉めば柔らかく加工しやすくなります。鍋敷き、しめ縄… ただいま画像がないので、年末までお待ちください… 

サシェに仕立ててアロマを楽しみ、クローゼット内に設置すれば防虫効果も期待でき、さらに優秀なシューキーパーとしても! シューキーパに使用する場合は臭いの吸着作用のある重曹も加えて作ると効果的

料理にも…葉先から根元まで香りがありますが、根元部分がもっとも香りが強く、タイやベトナムなど東南アジアではこの茎の根元の太い部分の皮をむいて細かく刻み、カレーやスープに加えて使います。タイのスープ『トムヤムクン』には薄切りにしたこの根元の部分が浮かんでいますね。

私はもっぱら『グリーンカレー』フレッシュハーブを使う色・香・味三拍子揃った自慢のレシピです。