Pepparkaka ペッパーカーカ 

北欧諸国の定番クリスマススィーツといえば、「ジンジャークッキー」

スウェーデンでは『ペッパーカーカ』と呼ばれ、Pepparは「胡椒」、kakaまたはkakorは「ケーキやクッキー」を表します。

クッキー生地にシナモン、クローブ、カルダモン、ジンジャーなどのスパイスを混ぜて薄く伸ばし、型で抜いて焼かれます。北欧では薄めにパリッと焼き上げるタイプが好まれるよう…

スウェーデンでも11月アドベントを前に、どの家庭でもたくさんのペッパーカーカ を焼き、毎日少しずつ?食べてはクリスマスを待つのが恒例です。

13世紀 北欧諸国はドイツ中北部の商人達とハンザ同盟を結び、物資の流通が盛んに行われていました。そんな中ドイツからの移民によってスウェーデンにスパイスケーキが持ち込まれます。

その頃のスパイスケーキには胡椒が入っているものもありましたが、当時スパイス全般を『Peppar 胡椒』と呼んだことから、「スパイス入りのケーキ」といった意味合いの『ペッパーカーカ』です。

Vedstenaヴァドステナ修道院に、「1444年修道女が消化不良改善ためにスパイスケーキを焼いて食べた。」との記述が残り、そのケーキの材料にはショウガ、シナモン、クローブに加えて、ペッパー、カルダモン、アニス、フェンネル、シダーオイル、レモン、ザクロの皮も使われ、蜂蜜で甘みをつけていたことがわかります。とってもリッチ!

https://www.upplevvadstena.se/en/churches.htm

当時カルマル同盟によりスウェーデン・ノルウェー・デンマークの3国を治めた王のハンス(1497~1501年)が気難しく気性が荒いことを憂慮した医師がスパイスケーキを処方して勧めました。

それを食べたところ王は精神の安定を得ることができたとか…

宮廷がコペンハーゲンの薬局からジンジャーブレッドを数キロ取り寄せた記録も残っており、となるとハンス王が摂取されたスパイスはかなりの量!そこに蜂蜜も加わるのですから滋養もたっぷり補えたことでしょう。

スウェーデンには「ペッパーカーカを食べると、優しく寛大になれる」との言い伝えが今なお残るそうですから、王様の治療は順調に進んだということですね。きっと…

16世紀になるとペッパーカーカ は修道院、薬局、町の広場で開かれるファーマーズマーケットなどで「消化を助け、気分を安定させ、うつ病を予防する医療用の薬」として販売されました。

保存されている輸入品の倉庫リストによると、ドイツのニュルンベルクからスパイスケーキ『レープクーヘン』が輸入されていたこともわかっています。

ペッパーカーカ のレシピが料理本に掲載されたのは17世紀 『ペッパーカーカ 』が市民の間に定着していったのはこの頃です。

19世紀 小麦粉と砂糖が購入しやすくなると、庶民もクッキーやケーキ作りを楽しむようになっていきます。ペッパーカーカが高価な医薬品から、特別の日に食べる祝い菓子としてクリスマスに結びつけられていくのもこの頃

彫って作られた木型に生地を詰め、押し付けて形作ったものを抜き出して、焼きあげていたのが、産業主義の広がりとともに、生地を薄く平らに伸ばし、金属製のカッターで型抜きされるように変わっていくと、木彫りの型のもつ芸術性の高い豊かなデティールは失われていきましたが、抜き型のデザインに注目が集まるようになりました。

修道院で使用されたのは愛のシンボルである「ハート」、

クリスマスにはシンボリックなデザインとして、星、男性と女性…

そして欠かせないのがプレゼントを積んだユールトムテのソリをひく『ユールゴート 山羊』です。

アメリカで出来上がったサンタクロースのイメージが入り込み、浸透する前、スウェーデンのユールの日にはJulbocken羊がプレゼントを運んできて、ドンドンたたいてドアを開け、プレゼントを投げ入れていく…とされていたのですから、『山羊』さんは外せません         http://www.liveinternet.ru/users/lviza_neo/post252319522/

ペッパーカーカーはアイシングで飾られツリーや窓辺にも飾られます。

ドイツからスパイスケーキが渡って800年 スウェーデンの人たちは薄〜くパリッと焼き上がったペッパーカーカを好みます。レシピでは「生地は非常に薄く 約1/8インチに伸ばして…」とあるほど!薄くてパリッのペッパーカーカは海外にも輸出されて人気を得、「ジンジャーシン ginger thin」(thin=薄い)と呼ばれています。

そんな極薄のクッキーを使って何世紀にも渡って楽しまれるゲームをご紹介します。先ずペッパーカーカを手のひらに置きいたら、心静かに願い事をしながら空いている手の人差し指または親指でペッパーカーカの中央を押してみましょう。…薄いビスケットが3つに分かれれば、願い事がかなう… 3つに分割されなかったら、小さく割って食べること… 

アンナビスケット 1929年、スウェーデンのストックホルムで、アンナ・カールソン夫人と妹のエマが手づくりで作ったペッパーカーカが始まりです。スウェーデン王室御用達の名誉を得、日本にも輸出されています。

スウェーデン生まれの作家アストリッド・リンドグレンの作品『長くつ下のピッピ』

 

ピッピはお隣に住むトミーとアンミカを招き、ペッパーカーカーとコーヒーでお茶会をすることに…床にいっぱいに生地を広げて500枚ものハート型のペッパーカーカを焼こうと奮闘しています。世界中の子供たち、そして大人達にも愛され続けるシーンですね。

お隣の国フィンランドにはピパルカックを砕いて入れて作る『ルーネベリのタルト』がありますが、スウェーデンにはmjukpepparkaka ミュークペッパーカーカ』がありますょ。こちらはペッパーカーカを砕いて混ぜ混んだ生地にリンゴンベリー(こけもも)のジャムやヨーグルトも入れて焼き上げるパウンドケーキです。

 

 

*近年ペッパ―カーカーにブルーチーズやゴルゴンゾーラチーズをトッピングして、グロッグと合わせるのが人気だとか… ワインに合わせてもよさそうですね。

                              Lussekatter ルッセカット 

ルッセカットはサフランを練り込んだ生地を成形し、レーズンを飾って焼き上げられる黄金色の甘い菓子パンです。

Lusseルッセは『聖ルシア』、Kattは『猫』

クリスマス前の12月13日は、光の聖女ルシアをたたえる「聖ルシア祭」が行なわれ、この『ルッセカット』と『ペッパーカーカ』を食べるのが恒例のお楽しみ🌟

この日以外にも、スウェーデンのクリスマスシーズンにはルッセカットとペッパーカーカは欠かせません。

最も一般的なのはS字型カールに成形されるもので、この形が猫の尻っぽを想い起こさせることから「聖ルシア祭を祝う猫のパン」といった意味付けがなされることが多いようですが、その背景には長い歴史があるようです。

 

              サタンの猫パン

16世紀のドイツ 冬至が近づき長い暗闇が支配する季節になると、 悪魔:サタンが猫に姿をかりて人々の生活に入り込み、子供達にいたずらをしたり、殴打したり、連れ去ることさえあると恐れられていました。そこに『クリストキント』(子供に姿を変えたイエス・キリスト)が現れ子供達にサフランブレッドを授けると、そのパンは炎のように明るく輝き、サタンは子供達に近づくことができず、力を失って退散!子供達は救われたのでした…   http://www.stadvollenhove.nl/index.php/2-uncategorised/298-duivekater

こんな伝承から冬至の日に行われるユール祭ではサフラン入りのパンが『サタンの猫パン』として子ども達のために焼かれたということです。

この猫パンは収穫祭に猫を生贄として捧げた習慣が「猫のパン」に替わっていった歴史的経緯も絡む形状で、両端のくるっと丸められた部分は猫のスネの骨を象ったものとか…

悪魔「サタン」は神に仕える御使い(天使)でありながら堕落して悪魔となり、地獄の長となった存在で、別名「ルシファー」とも呼ばれます。ルシファーとは、「明けの明星:金星」を意味し、その語源は、「光」を意味するラテン語の「ルークス」…その名のとおり、ルシファーはもともと光の天使であったものが、反逆天使となったのです。

「暗闇」を『サタン』に、冬至を境に新生する「太陽」をサフラン入りのパン『サタンの猫パン』に見立てたようなお話ですね。

サフランは当時も今も世界一高価なスパイスであり、古来特別な力が宿るとされ、「黒死病:ペストにはサフランが効く」と信じられていたこともある高貴な存在

サフランがもたらす黄金色の発色に邪悪なものを排し、太陽の復活を祝う気持ちを重ねた思い…わかる気がします。 キリスト教化が進むとサフランは「イエスキリストの誕生を祝う特別な日にこそふさわしいスパイス」へと変わっていきました。

           サタンの猫パン 海を渡る…

17世紀 この慣習がスウェーデンに伝わり、中部の古都Mälardalenメラールダーレンの裕福な人たちの中に根付きます。

スウェーデンではDjävulskatterジャヴルスカッター(悪魔の猫)という名前で呼ばれ、徐々に広がっていきます。200年の時を経て19世紀になると本来もっていた意味合いは忘れられ、光の祝祭:聖ルシア祭にふさわしいパン『ルッセカット』と呼ばれて作られるようになっていました。

その間すでに民衆の中にあったパンの成形パターンも加わり、願いを込めて様々なバリエーションのルッセカットが生まれました。車輪や人や動物など地方によって形が異なり、焼いたサフランパンのいくつかは、来年の豊作を願い、種を蒔く春までとっておくことから「種蒔きのクッキー」と呼ばれていたそう。今ではその成形バリエーションを集めたクックブックも多数出版されてホームメイドも盛んです。

http://kokblog.johannak.com/4053/

最も一般的なのはS字型のカールで、各カールにレーズンが配置されます。(このカールした丸いデザインはドイツでは太陽を表すことから、光の祝祭『聖ルシア祭』にふさわしいとして取り入れられたのかもしれません。)

S字を交差、または隣接して配置することも一般的です。下段左は司祭の髪の毛 下段の真ん中…基部が丸まった逆U字型はおくるみ服を着ている赤ちゃんを表すデザインです。 この他こだわりの技を極めた変種デザインも多数…

北欧の人たちはスパイス中でもカルダモンの香りを好みます。年間を通してダントツ人気のパン『シナモンロール』もシナモンに加え、必ずカルダモンを加えるほど… そんなパン風景がユールの季節になると、『ルッセカット』に置き換わり、サフランの香りと黄金色がスウェーデンの暗い冬の夜を明るくしてくれるのですね。

🌟ルッセカット の名前の由来にはご紹介したドイツ由来の『サタンの猫パン』以外にも北欧神話の女神フレジャのペットの猫イメージなど諸説あるようです。長い時を経て出来上がってきたイメージですから、さもありなん…

その時々人々がパンに込めてきた思いや願いを載せてこれからもフレキシブルに変化していくのかもしれません。