エリザベス1世 

宮廷から地方の農村までイギリスの人たちの生活にはいつの時代もジンジャーブレッド がありました。

歴史を振り返りながらジンジャーブレッド を想うとその景色がより彩り豊かに膨らんでくるように思います。まずは中世 混沌の時代から… 

100年戦争

14世紀 フランス王国ではシャルル4世が亡くなると、従兄弟のフィリップ6世が王位をつぎました。

それに対して亡くなったシャルル4世の甥にあたるイギリス王エドワード3世は、自分こそフランスの王位継承権があると主張し、戦線布告…

1337年から1453年のボルドー陥落までの約100年間にわたる戦争の始まりです。

イングランド軍は戦いを優位に運び、1360年パリを包囲して講和条約を結び、フランスの広大な地を占領しますが、ジャンヌダルクが現れると戦況は逆転…ボルドーが陥落してイギリスは敗れ、フランスの領土の多くを失いました。

同時にイングランド国内は凶作で飢饉となり、国民の生活は疲弊していきます。

そして繰り返し襲うペストの流行も脅威でした。

薔薇戦争

100年戦争の敗北により当時の国王 ランカスター家のヘンリー6世の権威は失墜…

ヨーク公リチャードが反撃にでて一旦はヨーク朝が成立するも裏切りや反撃が続き、国内が混乱し、各地に戦乱が起こりました。

この戦いはランカスター家の紋章が赤薔薇、ヨーク家の紋章が白薔薇だったことから薔薇戦争と呼ばれています。

1485年フランスに亡命していたランカスター家のヘンリー・テューダーが帰国しリチャード3世を破り、30年におよぶ薔薇戦争は終結しました。

テューダーはヘンリー7世としてテューダー朝を立て、ヨーク家のエリザベス・オブ・ヨークと結婚してヨーク家と和解 揺るぎない絶対王政を確立していきます。

チューダー家の紋章はランカスター家の紋章の赤薔薇とヨーク家の紋章の白薔薇を合わせた形になっています。

(左)ヘンリー7世 作者不詳 1505年  (右)エリザベス・オブ・ヨーク

ヘンリー7世は内外の安定を図るために、まず娘マーガレットをスコットランド王ジェームス4世に嫁がせ、イングランドとスコットランドの和平を実現しました。

(マーガレットの孫がメアリー・スチュアートです。)そして長男アーサーにスペイン王国から王女キャサリンを迎えました。当時のスペインはカスティーリャ王国イサベル1世とアラゴン王国フェルナンド2世両王の時代で、イスラムのグラナダ王国を滅ぼし、レコンキスタを完成させ、勢いがありました。イギリスにとってスペインとの同盟はフランスを牽制する意味でも重要なことでした。

しかし1501年、長男アーサーは結婚式を挙げた数ヶ月後に急逝してしまいます。スペインとの絆を維持したかったヘンリー7世は次男ヘンリーとキャサリンの結婚を画策したのでした。

父ヘンリー8世

1509年、父ヘンリー7世の死によってヘンリー8世が17歳で即位します。
そして その2ヶ月後に故兄アーサーの妻キャサリンと結婚しました。

キャサリンは何人も子供を出産しましたが無事成長したのはメアリー(メアリー1世)だけでした。

父から譲られたテューダー朝を安定させる為に男子誕生を願うヘンリーはキャサリンと離婚を望みましたが、カトリックは離婚を認めていません。ヘンリー8世は国王至上法(イングランド国内において国王こそ宗教的政治的にも最高指導者である)を宣言し、1533年ローマ教皇の承認を得られぬままキャサリンの侍女アン・ブーリンと結婚します。アンが授かったのは後のエリザベス1世だけで男子には恵まれませんでした

どうしても男子が欲しいヘンリー8世はアン・ブーリンと離婚しようとします。そのため離婚を認めないカトリック教皇と断絶して、イギリス独自の『イングランド国教会』を樹立させたのです。

(左)キャサリン・オブ・アラゴン(中央)ヘンリー8世(右)アン・ブーリン 

本来カトリックだったヘンリーが宗教改革をすすめたのは離婚問題だけでなく経済問題があったといわれています。

ヘンリーは国中のカトリック修道院を解散させ、その土地財産を没収して広大な所領を国王のものとしたのでした

ヘンリー8世は男子に恵まれないアン・ブーリンを、身に覚えのない姦通罪で監禁し、ロンドン塔で処刑しました。

そしてアンの侍女だったジェーン・シーモアを次の妻として迎えます。

二人の間に待望の男子が誕生しました。後のエドワード6世です

しかし男子出産後ジェーン・シーモアが亡くなったため、さらに男子の出生を望むヘンリー8世はその後アン・オブ・グレーヴス(離婚)、キャサリン・ハワード(反逆罪で刑死)と次々に結婚します。最期の王妃キャサリン・パーは学識教養共に高く、メアリーやエドワード、エリザベスの教育係を務めたといわれていますが、結婚3年半でヘンリーと死別しました。

(左)エドワード(中央)キャサリン・パー(右)キャサリン・パーの再婚相手トマス・シーモア

エリザベス1世  1533年〜1603年

幼少期
エリザベスの母、アン・ブーリンは、フランスの宮廷で王妃の侍女として仕えた経験を持ち、洗練されたマナーを身につけていたといいます。イングランドに帰国後ヘンリー8世の王妃キャサリンの侍女となり、2番目の王妃になりました。

1533年9月7日、ヘンリー8世の王妃アン・ブーリンは女子を出産…王女はエリザベスと名付けられました。

前王妃キャサリンの子供は、すでに17才になっていたメアリー1人だけでした。

ヘンリー8世は男子出生を望んでいたので、女子出産に大きく失望し、父は母を次第に遠ざけていきます。

エリザベスの母アン・ブーリンは「何人もの男と不貞をした」といわれのない姦通罪で裁かれ、ロンドン塔に送られ処刑されてしまいました。…29才、王妃の位に約3年いたので「1千日のアン」とも呼ばれています。エリザベスが2才8ヶ月のことでした。

産みの母が8世に離婚されたことにより、王女メアリーとエリザベスの2人は庶子の身になって王位継承権を奪われましたが、父の愛情は変化なく2人を可愛いがったと伝わります。

 

キャサリン・パーのもとで過ごす

エリザベスは9才になった時、ヘンリー8世の最期(6人目)の妻キャサリン・パーに引き取られ育てられることになります。

キャサリン・パーは宗教に厚く、教養に溢れた気立ての優しい女性でした。エリザベスを実の子のように可愛がり、エリザベスもこの義母に良くなつきました。

利発で聡明なエリザベスはフランス語、イタリア語は英語同様に話し、ギリシャ語、ラテン語、スペイン語、スコットランド語、オランダ語にも堪能であったといわれています。この時期エリザベスは穏やかな日々を過ごします。     

1546年 13歳のエリザベスの肖像ウィリアム・スクロッツ作/ウィンザー城蔵

1547年ヘンリー8世が没し、弟エドワード6世が10才で即位しました。

それからエリザベスが即位するまでの10年間は試練の時でした。

貴族達の権力奪取の野望、陰謀に巻き込まれることになります。
キャサリン・パーに育てられたエリザベスはキャサリン・パーが再婚した夫トマスに父の面影を見て、彼に惹かれていきます。

エリザベスにとって初めての恋心でした。
ところがキャサリンが産じょく熱で亡くなるとトマスはエリザベスに結婚を迫ってきたのです。

トマスは権力奪取の野望を抱いたため、反逆罪容疑で逮捕、処刑されました。

エリザベスも思いもよらない嫌疑で取り調べを受けています。

義姉メアリー1世の即位

病弱だったエドワード6世が16才で亡くなった後、ヘンリー8世の最初の妻キャサリンの娘メアリーがイングランドで初めての女王になりました。メアリーの母キャサリンはカトリック国であるスペイン出身の王妃でしたから、娘のメアリーも熱心なカトリック信者でした。

国王に即位すると、メアリーはカトリック復帰を打ち出し、スペイン王フェリペ2世と結婚するとローマ教皇との関係改善も模索し始めます。

これに対し暴動がおこりました。イングランドがカトリック王国になると恐れたプロテスタントが起こした反乱です。

アントニス・モル画、 1554年

プロテスタントとして育てられたエリザベスはその暴動に係わったとしてロンドン塔に送られました。正門からでなく小舟で逆賊門からロンドン塔に入れられました。逆賊門から入った者は生きて再び外に出られる見込みがないという門です。

しかし3ヶ月後になんの係わりがないとして釈放されましたが、その後も陰謀が摘発される度に投獄されるのではと不安な日々が続いたといわれています。

メアリー1世がフェリペ2世と結婚するとプロテスタントの恐怖は現実のものとなりました。熱心なカトリック信者であるメアリー1世は、父ヘンリー8世以来の宗教改革を覆し、イングランドはローマ教皇を中心とするカトリックに復帰したのです。

メアリーは反抗するプロテスタントを迫害し、女性子供を含む約300人を拷問し、生きたまま火あぶりの刑にしました。その残酷さから「血まみれのメアリー」ブラッディ・メアリーと呼ばれ恐れられました。

エリザベスの即位

1558年11月、メアリー1世が病死したため、エリザベスは王位を継承することとなります。

翌年1月25歳のエリザベスはチューダー・ローズの紋様とオコジョの毛皮で飾った即位衣に身を包んで馬車に乗り戴冠式が行われるウエストミンスター寺院に向かいました。

戦争や宗教弾圧に苦しんだ国民のエリザベス1世に対する期待は大きく沿道では市民が熱狂的に歓迎したと伝わります。

エリザベス1世は即位とともに信頼のおける優れた政治家ウイリアム・セシルを大臣に指名、セシルは40年間にわたってエリザベスに助言し、補佐しました。

その政治手法は穏健路線と実務重視でした。一番重視した宗教政策についてもカトリック、プロテスタントの中道をとり、イギルス国教会:プロテスタントはカトリックの儀式も残していてカトリックとプロテスタントの中間とし、出来るだけ多くの者を体制に入れるよう教義もあえて曖昧にしたのでした。

新たに「国王至上法」や「統一法」でイギリス国教会を再建しましたが、北部のカトリック勢力はエリザベスにとって脅威となり続けました。

この頃イギリスの地方地主は耕地をさくで囲い、牧場にして羊を飼い始めました。このため小作人たちは耕す土地がなくなり、都市部に移住します。こうして都市にあふれた貧しい人々を救うために「貧民法」を制定。人々に食料を与え、職業につくよう指導し、さらに「徒弟法」で労働者の労働時間に制限を設けました。「貧民法」は世界で初めてつくられた社会福祉のための法律です。

馬車による国内巡幸を何度も行いました。時には馬の背に乗り民衆に手をふる女王の姿を目にして国民は歓喜の声をあげ、女王もそれに親しく応えられたと伝わります。

求婚者達とエリザベスの恋

エリザベス女王にはスペイン王フェリペ2世はじめヨーロッパ中の王侯貴族からアプローチがありました。それぞれイングランドを自国に取り込もうとの思惑があってのプロポーズです。エリザベスは政略結婚によって外国勢力がイングランド国内に介入し、政治状況が不安定になることを警戒し、申し出への返答を曖昧にして承諾しないまま1559年の議会で宣言します。

「いまや私は私人でなくこの国の運命を担う身となりました。
私はすでにイングランドと結婚し、イングランドという夫を持つ身となったのです。
全能の神が私が結婚しないで生きることをお望みになっても恐れる必要はありません。
神は私の胎から生まれる子よりも君主の気質に富みおそらく最もこの国のためになる人を遣わされるでしょう。
最期を迎えたとき、女王はそのとき統治し、処女のまま生き、処女のまま亡くなったと大理石の墓に刻まれても私は満足です。」

女性としての人生より、国王としての立場を優先させて生きる決意を表明するものでした。

エリザベスは同い年の廷臣ロバート・ダドリーに惹かれるようになりました。

ダドリーは妻帯者でしたが、妻が階段から落ち、事故死してしまいます。

エリザベスは結婚を考えたようです。

しかし妻殺しの嫌疑がかかったダドリーと結婚をしたらエリザベスへも疑いをかけられ、反乱によって即位した王位を放棄せざるをえなくなるかもしれません。理性を取り戻して結婚を断念します。

                         ダドリーと踊るエリザベス 1580年頃

40才半ばを過ぎた頃にも20才年下のフランス王の弟アンジュー公フランソワに気持ちが揺れることがありました。しかしこれもイングランドとフランスとの関係性を考えた末断念したのでした…

スペイン無敵艦隊を撃破

「囲い込み」が進み、羊毛の生産量が増えるにつれ毛織物工業が盛んになっていたイギリスにとって、ネーデルランド(現オランダ)は大切な取引先でした。

当時カトリック大国スペインに支配されていたネーデルランドで独立戦争が起き、プロテスタントの多いネーデルランドはイギリスに援助を求めます。

これに応えてイギリスは密かに援軍(国旗を掲げない軍艦)を出し、カリブ海などで兵士や武器弾薬を積んだスペイン輸送船を襲撃し、多大な損害を被らせます。

エリザベスが国王就任後イギリス国教会を支持したことで、スペインの態度が硬化していたところに、このネーデルランド援護と続きましたから両国の関係は悪化の一歩をたどっていきます。

さらにスペインとスコットランド女王メアリーによるエリザベス1世暗殺計画が発覚すると、エリザベスはメアリーの処刑を断行!
1588年 スペインは130隻の軍艦に1500門の大砲を積み、約三万人の兵をのせた無敵艦隊をイングランド、テムズ川河口のティルベリーに侵攻させました。

スペインの軍事力はイングランド海軍を上回っていました。この状況下でエリザベスはティルベリーに赴き、兵士たちを前に演説を行います。

「今 私はこうしてあなた方のもとにやってきました。
我が身を戦いの真っただ中、戦いの熱気の中に置き、皆と生死を共にするためです。
我が神のため、我が国家と我が民のために、我が名誉と我が血を塵と化し死ぬ決意です。

確かに私は女としてか弱く華奢な体をしています。しかしその心と胴力は王者のものであり、しかもイングランド国王のものなのです。

我が王国の境界線を踏みにじる者は、何人であろうとも戦いを挑みます。」

出典『ルネッサンスの女王エリザベス 肖像画と権力』石井美樹子著

このエリザベスの名演説に兵士達の士気が一気に高まり、

英仏海峡における海戦でイングランドは小回りのきく小型軍艦に射程距離の長い大砲を積んでスペイン艦隊を迎え撃ち、さらに火薬を詰んで火がついた船をスペイン艦隊に向けて一斉に放つ奇策攻撃を仕掛けます。

『スペイン無敵艦隊の敗北』フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ画

激しい火の嵐に混乱したスペイン艦隊は北海へ敗走しますが、アイルランド沖で嵐に巻き込まれ大損害を出し、残余は散り散りになって本国に帰還し、戦いの幕が閉じられたのでした。

この勝利はヨーロッパ辺境の弱小国だったイングランドが、次第に海外に勢力を伸ばし、強国化していくきっかけとなりました。

 

 

無敵艦隊を打ち破った祝賀の式に向かうエリザベス女王

 

エリザベスは経済改革にも取り組みました。

ヘンリ世の時代に流通していた粗悪な貨幣を良質なものに変えることで、ポンドの信用を上げ、経済の安定をはかりました。この通過改革により即位当時には破綻寸前だったイングランドは1568年までに立ち直ったといわれています。

1600年には東インド会社を設立し、アジア全域の貿易独占権を与えました。東インド会社は香辛料やお茶貿易のほかにもインドなどの植民地拡大に重要な役割を果たします。

晩年

しかしエリザベスの晩年は問題が山積していました。

国内の実態は、カトリックとプロテスタントであるイギリス国教会の対立、長引く戦争と不況、疫病がはやり、生活水準は低下し貧困があふれていました。
エリザベスは経済を活性化するために王立取引所を設立、病気や貧困を救済する為の「救貧法」などを制定しました。

さらに財政補充のため「独立特許権」を制定しますが、これは企業家に与えられた産業の独占権であっため、物価の高騰をまねき、下院議員や民衆から不満の声が上がります。

これに対し1601年 エリザベスは全議員を前に後に「黄金演説」とよばれる演説を行います。

「国民の愛情とともに国を統治できたことが、私の王冠の名誉である」と語り、「独立特許権」の見直しを約束しました。

国民の幸福を考えたこの演説は国民の心を捉え感動を与えました。

その後信頼していた首席顧問官バーリー卿、心を許していた友人ノッティンガム伯爵夫人が相次いで亡くなると、精神のうつ状態が悪化 身体も急速に衰えて、1603年エリザベス1世は69歳でこの世を去りました。