アドベントカレンダー

アドベント:Advent は、ラテン語の「アドベントス」:「到着」を起源とし、「出現、降臨」を意味する言葉で、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間:待降節のことを表します。

ヨーロッパのキリスト教社会では5世紀後半から、アドベントはクリスマスを前に飲酒を控え、食事も慎ましくして身を浄め、キリストの生誕を待つ期間とされていました。

期間は、クリスマスの4週間前の日曜日から、クリスマス・イヴまで。

実際には、11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日から、クリスマス・イヴまでですから、早くて11月27日、遅くて12月3日には始まります。

アドベントカレンダーが生まれたのは19世紀初頭ごろ。クリスマス・イヴまでの時間を子どもたちが楽しく過ごせるようにと、ドイツのルター派:ルーテル教会の信徒たちの間で始まりました。

その頃の様子を1851年にドイツ人女性Elise Averdieckエリーザ アバーディエックによって出版された児童書にみることができます。それによりますと、「毎晩、エリザベスがベッドに入る前、母親は彼女にクリスマスの起源についてお話しをしてくれました。その後、2人はたくさんのクリスマスキャロルを歌い、壁にクリスマスにまつわる絵を掛けます。毎晩1枚ずつ…24枚すべてが壁に掛かると、エリザベスはクリスマスの日がやってきたことを知りました。」 … 

ほかにも子供たちは、12月1日になるとドアにチョークを使って24個のマークを描き、毎日そのうちの1つを拭いて日数をカウントダウンしたり、

アドベント前に飾られるキリスト降誕の場面を表した模型:『クリッペ』を前に、生まれたばかりのキリストの傍に毎日1本ずつ麦わらのストローを添えては、その数を数えてクリスマスを楽しみに待ったのでした。

(左)https://zen.yandex.ru/media/id/5faa768318291115008e4155/adventkalendar-chto-eto-takoe-i-gde-poiavilsia-iznachalno-5fc741146d4e6a5c3f8f0876

(右)『Krippe』 フランクフルトのKaiserdom:聖バルトロメウス大聖堂にて

印刷されたアドベントカレンダーとして最も古いものは1902年にドイツのハンブルクで発行された『子供のためのクリスマス時計』です。 12個の数字が描かれた文字盤パネルにはクリスマスキャロルの詩の一節が添えられ、回転する真ちゅう製の針を備えています。子供達は毎日1回針を隣のパネルに移動させながら、カウントダウンしていきました。

12月1日から24日までのパネルが並ぶ現在のアドベントカレンダーの原型は、バーデン=ヴュルテンベルク州出身のGerhard Langゲルハルト・ラング(1881-1974)が幼い頃のアドベントの思い出に着想を得たものでした。

母は幼いラングのために厚紙にレープクーヘンが入った24個の袋を貼ってカレンダーを作ってくれました。12月1日になると、ラングは毎日1つずつ袋をはずし、おやつの時間を楽しみながら、残った袋を数えてクリスマスを待ったのです。その習慣は彼が大人になるまで続きました。

成人したラングは、友人のReichholdと共にミュンヘンでReichhold&Langという会社を起こし印刷業を始めます。

そこで彼は母が作ってくれたレープクーヘンカレンダーからアイデアを得て、リトグラフを使ったアドベントカレンダーの製造を思いつきます。

『Im Lande des Christkinds:キリストの子の地で』と題名がついた最初のアドベントカレンダーは、開けることのできる小窓はなく、整然と並んだ24個の枠にクリスマスについての24の短い詩が書かれている台紙と、イラストレーターのリヒャルト・エルンスト・ケプラーによるクリスマス画が24場面描かれた印刷紙からなっていました。

12月1日になると子供たちは慎重に画像の1枚を切り取り、それを台紙カレンダーの上に接着して、短い詩を1つずつ隠していきます。24種類のクリスマス画がそろうと、待ちに待ったクリスマス…隠れてしまった詩を思い出したい時は…ご安心ください!裏面に同じ詩が印刷されて、読むことができるように配慮されていますから。

初のアドベントカレンダー発売から10年 Reichhold&Lang社は新たな発想のカレンダーを思いつきます。それは描かれた窓が開き、扉をあけると、部屋で思いおもいに過ごす子供が顔を出すというもの。

デザインは女性画家ドラバウムDora Baum(1881-1949)に託され、『Christkindleins Haus:キリストの子供の家』という名前が付けられました

第一次世界大戦(1914-1918)の間、カレンダーの生産はほぼ停止しますが、戦後1926年には窓を開けてチョコレートを取り出すタイプが市場に登場します。

それを企画したのもReichhold&Lang 社でした。「クリスマスローズ」と名付けられ、窓の中には20種類のチョコレートが収められていました。

1930年代、ドイツ経済の奇跡と言われる戦後の好景気とともに、アドベントカレンダーの需要は、ドイツ全土で急速に増加し、1930年代後半には、多くの企業が制作販売するようになるとともに、多くの親が子どものためにアドベントカレンダーを自作するようになっていきました。

しかし第二次世界大戦が勃発すると、戦争がアドベントカレンダーの上にも影を落とします。

ナチス政府によって絵の入ったカレンダーの販売が禁止され、Reichhold&Lang 社も1940年に閉鎖を余儀なくされてしまいました。

1940年代にアドベントカレンダーの生産を許されていた唯一の会社Franz Eher Velagは、ナチスの体制下の基準を満たすため、「アドベント・カレンダー」ではなく「クリスマス前カレンダー」という名前で、伝統的・宗教的な内容の代わりにイデオロギー的なシンボルを入れたカレンダーを作るよう求められました。

戦後アドベントカレンダーの販売の禁止が解かれると、Richard Sellmerという人物がRichard Sellmer Verlagという出版社を起こし、アドベントカレンダーを復活させます。 

写真は同社が戦後初の1946年に販売した『The Little Town』という名のアドベントカレンダーです。

1958年には再びチョコレート入りが登場し、アドベントカレンダー人気は世界的なものとなっていきます。

それにともない、さまざまなタイプのものが登場するようになりました。

1950年代 ドイツ 組み立て式:カットアウトシート お菓子の家カレンダー↓

1960年代デンマークのユールカレンダーPloufmann ↓

毎年新たなデザインで発売され、人気のLEGO ADVENT CALENDAR  

右は2019年発売の HARRY POTTER シリーズ↓

マーベル–アドベントカレンダー↓

Living Advent Calendar

『Living Advent Calendar』の文化も生まれ、人々は建物の窓をカレンダーに見立てて装飾し、楽しむようになっています。

スイスの中世都市 ルツェルン ロイス川に沿ってカペル橋を右手に眺めながら進んでいくと、対岸に大きな数字がいくつも書かれた建物が見えてきます。建物自体が12月1日から24日までを数えるアドベントカレンダーになっていて、日を追うごとに窓が一つずつ開かれます。昼はカラフルなペイントが可愛らしく、夜はライトアップと川面に映えるライトが幻想的です。↓

by https://swissjoho.com/christmas-market-selection5/

ロンドン フォートナム&メイソンの店舗…アドベントの装飾↓

アドベントカレンダー 7点はhttps://jolablot.com/history-of-the-advent-calendar/より