cocorobaに寄せて… 

インドに赴任した友人に誘われて気軽に出かけたその地には、『スパイス』『ハーブ』『お茶』『布』と、私を虜にする素敵なものたちが待っていてくれました。

そこから始まった大冒険…

どこから糸口を見つけてよいのやら…雲をつかむような状況も、かなりスリリングな体験も、もっと知りたい もっと見たい の好奇心と、現地の友人やインドの方たちに助けていただき、なんとかクリア!

たくさんの友人ができ、スパイスやハーブそしてお茶を日本の皆さまに紹介し、一緒に愉しむ場をもてるようになりました。

これもひとえに私の思いに快く力を貸してくださった沢山の人達あってこそ…〝縁〟が〝縁〟を結んで広がっての今なのです。

大冒険が私に与えてくれた一番の宝物は〝人との縁〟

日本でもまた素敵な〝縁〟が広がりますように…  2014年記

こちらのcocorobaホームページでは、『スパイス』『ハーブ』『お茶』『四季の手仕事』をテーマに記事を綴っています。健やかで心地よい生活のお役にたつことができましたら幸いです。 

スパイスは遠くヨーロッパに運ばれて、嗜好や食材事情そしてキリスト教などと密接に関係しながら使われてきました。

スパイスが希少で高価だった中世期には、麦の粉と蜂蜜と合わせてこねた生地にスパイスを混ぜ込んで、成形して焼く「スパイス菓子:パンケーキ」が全盛となります。ドイツでは『レープクーヘン』、イギリスでは『ジンジャークッキー』、フランスでは『パンデピス 』と呼ばれて…ヨーロッパ各地でご当地スパイス菓子が生まれました。

それは万能の薬として、ハレの日を祝うため、魔除けや病除け厄除けの願をかけて…と、様々なシーンで活躍し、700年を経た現代でも大切に作り継がれています。

『スパイス菓子とクリスマス』では中世から続く「スパイス菓子」の歴史を紐解き、スパイス菓子をたくさん用意して祝われてきた「クリスマス」についてもご紹介していきますので、ご興味のあるテーマが見つかりましたら、どうぞご一読してくださいませ。 2022年記