蜂蜜と蜜蝋

「蜂蜜の歴史は人類の歴史」イギリスに伝わることわざの歴史を紐解いてみましょう

 スペイン東部 アラーニャの洞窟の壁面に、女性が岩壁にツタを垂らして蜂の巣を採集しようと手を伸ばす姿を描いた8000年前の壁画が残っています。甘い食べ物といえば果物か木の実しかなかった時代に、ハチミツは唯一の甘味料でした。糖度が80度もあるハチミツはこの上なく甘くておいしいご馳走だったに違いありません。子供や病人の滋養食にしたかったのかもしれませんね。彼女の周りには、大きなミツバチが飛んで、羽音も聞こえていたことでしょう。それでも、危険を冒してでも蜂蜜を得ようとする命がけの姿です。

同じ頃 インドや南アジア地域ではサトウキビを絞り、砂糖ジュースを抽出して利用していましたが、遠くヨーロッパの地に運ばれることはないまま時が流れ…

紀元前4世紀、アレキサンダー大王が東方に遠征してインドからサトウキビ糖をエジプトに持ち帰ります。

それまで甘味料といえばハチミツとナツメヤシだけだった古代エジプトでは「ミツバチは太陽神ラーの涙が変化した生き物であり、そのミツバチが集めたハチミツは神からの贈り物である」と信じられていたのです。

                養蜂の始り

エジプト古王国時代(紀元前2686年頃~紀元前2185年前後)デルタ地帯を中心に野生のミツバチが集められ、ミツバチを飼う 『養蜂』が行われるようになりました。

紀元前2500年頃に描かれた壁画に、煙を焚きながら巣箱からハチミツを取り出している様子が描かれ、絵に添えられた象形文字を解読すると、ミツバチを煙で不活性化させ、切り取った巣板を圧搾して採蜜し、かめに詰めて封印する作業工程が記載されています。byhttps://www.loe.org/shows/segments.html?programID=15-P13-00046&segmentID=7

                   蜂蜜酒の誕生

お酒は、米、麦、ぶどうなどの食品に含まれる糖分に酵母菌が取り付き、アルコールと二酸化炭素を生成する発酵の過程を経て作られます。ハチミツはそのままでは糖度が高すぎて、酵母菌による発酵は進みませんが、水で2~3倍に薄めると発酵し始め、1~2週間で美味しい『蜂蜜酒』ができ上がります。こうして作られた人類最初のお酒である『ハチミツ酒』は儀式や祝宴に欠かせない貴重品で、副葬品にもなりました。

              女王蜂は王座のシンボル

中王国時代(紀元前2040年頃~紀元前1782年頃)

養蜂が盛んになると王家がハチミツを税として徴収するようになったため、大量のハチミツが集まり、パンやビールと並んで供物として神殿に奉納されるようになります。さらにハチミツと蜂蜜酒はファラオ以下富裕階級の食卓に欠かせない食べ物となり、貴重な甘味料として高官への報酬として用いられるようにもなっていました。

紀元前1175年頃 国王ラムセス3世のテーベの宮殿の製パン所を描いた壁画に様々な形のパンと共に数種のお菓子と思われるものが描かれており、小麦粉をこねた生地にハチミツを加えて蜂蜜ケーキを作る作業姿も見ることができます。貢物としてハチミツ入りの壺を運んでいる絵も見られ、当時貴族の食卓ではハチミツが盛んに使われていたことを窺い知ることができます。

https://www.loe.org/shows/segments.html?programID=15-P13-00046&segmentID=7

エジプト第26王朝紀元前664年~紀元前525年 ルクソールの遺跡のひとつ「パバサの墓」にある養蜂の様子を描いた壁画です。

中空の切り株でしょうか…木製のコンテナーを使って蜂を飼育し、採取されたハチミツは木製の器に保管していた様子がわかります。

上部には大きな容器にハチミツを注ぎ込んでいる姿も見えますね。

紀元前300年には、ミツバチの巣箱を船に乗せて、ナイル川を移動する移動養蜂も始まっていたことが判っています。ナイル川に浮かべた船に巣箱をつみあげて、岸辺の植物の開花に合わせて下流から上流へ、また下流へと移動…

巣箱内に蜜がたっぷりたまると船の喫水線が上昇しますから、それを目安に採蜜作業を行ったとされ、蜜源になったのはオレンジ、クローバー、そして綿の花でした。

ハチミツを取った後の巣は加熱し濾過すると、ミツロウ:蜜蝋が採れますが、古代エジプト人はこれも上手に利用しています。

ミツロウを加熱して溶かしてから型に流し入れて作った人や動物の人形を祈祷や悪霊払いのために使ったと考えられ、ミイラの傍に死者を慰めるために色々な人形が供えられましたが、蜜蝋細工のものが多かったそうです。日本の埴輪に通じているような使い方ですね…

https://www.loe.org/shows/segments.html?programID=15-P13-00046&segmentID=7

ハチミツの持つ薬効や豊富な栄養についても認知されており、病人の滋養食として、さらに飲みにくい薬効成分を加えて摂取しやすくするための助剤として、また皮膚に塗る軟膏のベースとしてなど医療素材としても盛んに利用されていたことがパピルスに書き残されています。

古代エジプトで、すでに今日と変わらないほど有用に余すところなくハチミツやミツロウを使いこなしていることに驚きますが、エジプト、シナイ半島、アラビア半島などで発展した養蜂は、その後、古代ギリシャやローマへと引き継がれていきます。

            ギリシャでも『神の食べ物』

ギリシャ神話の最高神ゼウスは子供時代クレタ島の洞窟の中で、「ハチミツとヤギの乳で育てられた」とされ、長じてはイダの山で採れるハチミツとハチミツ酒が大好物でした。そしてゼウスの孫アリスタイオスは養蜂神として人々に蜂の飼育を広めたとされ、ギリシャにおいてもハチミツは「神の食べ物」として崇められていたのです。

紀元前400年頃のギリシャではアリストテレスを中心にミツバチの科学的研究が始まり、多数の奴隷を使用する大規模養蜂場が登場します。市民もハチミツを肉料理や飲み物、デザートなどに利用するようになり、同じ頃医学の父:ピポクラテスが、炎症や潰瘍、吹き出物などに対するハチミツの治癒効果を称賛し、ハチミツ、胡椒と酢を混ぜ、婦人病の薬とした処方箋も残されています。

紀元前200年頃にはギリシャ産のハチミツを使って72種類のパン菓子が作られていた記録が残るほど…  蜂蜜酒やハチミツ入りの焼き菓子は神々への供物にもなり、生け贄の代わりに動物をかたどった菓子を捧げ、神事のあとは供物をご馳走に宴が催されたのでした。

            八面六臂の大活躍 in ローマ

西暦4世紀の古代ローマで著された『アピシウスの料理書』のレシピによると、コルドゥラ(マグロ)の調理には「胡椒、ラヴィジ、セロリの種子、ハッカ、ヘンルーダ、ナツメヤシを細かく砕き、ハチミツ、酢、ワイン、オリーブオイルにクミン、ヘーゼルナッツ、マスタードを加えて煮たソース」が合うとされ、ウニの調理は、「ウニを熱湯に入れて煮たのち、キャセロールに並べて、胡椒、ハチミツ、魚醤、オリーブオイルを少々、鶏卵を加えてもう一度煮込み、胡椒をかけて食べる…  っとかなりコテコテ!?

何はともあれ 調理に際し、甘味料といえば『ハチミツ』でした。

http://bimikyushin.com/blog/2017/03/30/西暦4世紀-アピシウスの料理書/

料理書には小麦粉生地にハチミツやチーズなどを加えたパンケーキも、混入する素材を変えてバリエーション豊かに掲載されています。

皇帝ネロの美貌の妻ポッパエアはハチミツで肌、髪をパックし、ハチミツとロバの乳を混ぜたローションを使ってお肌の手入れをしていたことが知られています。

医療でもハチミツに浸した包帯を使って傷の治療を行っていた記録が残り、ハチミツは無毒で非アレルギー性を有し、傷にくっつくことなく、痛みを与えず、心理的安心感も与えてくれる…ハチミツ包帯は良いこと尽くめの医薬品だったようです。

さらに、ネロの侍医アンドロマコスは、ハチミツを使った膏薬『テリアカ』を考案 テリアカは狂犬病に罹った犬や毒蛇に噛まれた際の対処薬として、さらにはペストなど感染症の治療薬としても用いられました。このテリアカ…江戸時代にオランダ人が日本に現物を持ち込んだ記録があるというのですからイキの長い良薬だったということでしょうか? 

以上岩波新書「ミツバチの世界」坂上昭一著を参考にさせていただきました。

               力の素は蜂蜜酒

ゲルマン信仰の主神オーディンはその命と力、知恵をハチミツ酒から得ているとされ、オーディンと共に祖先の霊が大挙してやってくるとされる冬至の頃、人々は生贄として雄豚やビール、蜂蜜酒、蜂蜜ケーキを神に捧げ、夜を徹して焚き火をし、その周りで歌って踊り、神への供物とした豚を食べ、お酒を飲んで太陽の再生を祈りました。その宴席には亡くなった人の霊も参加すると信じられていたのです↓by Wikipedia

蜂蜜酒は古代から中世初期のゲルマン人の間で最も一般的なお酒であり、ゲルマン神話では神々の飲み物とされています。ハチミツを水2~3倍量で薄めてアルコール発酵させて造られ、アルコール度数は11~16%  質の良いビールやワインが造られるようになると生産は縮小していきますが、未だ現役!現代でもヨーロッパを中心に『Meadミード』の名で親しまれています。ちなみに生薬やハーブを加えた蜂蜜酒「Metheglign は、医薬品「Medicine」の語源といわれているそう…

          キリスト教でも…「 蜂蜜は聖なるもの 」

フランスおよび中央ヨーロッパ地域からローマ帝国が去った5世紀から15世紀までの約1000年を中世と呼びます。

この時代のヨーロッパは政権が不安定で、戦乱が絶えず、繰り返すペストの大流行などもあり、庶民は食べて命を繋ぐだけで精一杯 … そんな中、キリスト教が精神的な支柱となり、教会は庶民の生活指導的な役割を果たすようになって、多くの生活文化は教会や修道院によって守られ、発展していきました。

修道院はキリスト教の修道生活を共同で送る人々の住居や生活の場であり、そこでの修道士や修道女の生活は神への祈りと労働からなっていました。孤児や貧しい人には食事を与え、けが人や病人を受け入れて治療を施しました。またお菓子を含む食事作り、蜂蜜酒造りやワイン醸造、養蜂、ミツロウを使ったロウソク作り、養鶏、畑仕事、漁や猟、糸を紡ぐところから始まる衣服作り、大工仕事…その労働は多岐に渡っていました。

古代より、ハチミツは唯一の天然甘味料であり、神聖で貴重な食材でしたが、キリスト教ではさらに精神性が加わります。

当時女王蜂は交尾せずに産卵するとされており、それは聖母マリアの処女懐胎を連想させ、蜜蜂に聖性が付与されたのでした。さらに働き蜂の勤勉さと秩序正しい営みは、修道院生活の模範とされ、教会が養蜂を後押し、修道院は養蜂推進の中心的な役割を担うようになっていきます。

                 蜜蝋蝋燭

キリスト教では主イエスは人類を照らす「光」です。祈りの場にはイエスの象徴である「灯り」が不可欠で、修道院では蝋燭の原料である蜜蝋:ミツロウを得るために養蜂を行いました。ミツロウ蝋燭は灯すとゆらゆらと幻想的で、ミツロウの甘い芳香がただよい、煤(すす)もでませんから、教会で用いる蝋燭はミツロウ製に限られました。その副産物として採れるハチミツは、薬効成分を豊富に含む薬として扱われ、薬局で販売されて修道院の収入源にもなったのです。↓アーヘン大聖堂にて撮影

            『レープクーヘン』の誕生

12~13世紀遠くインドや南アジアからスパイスが運ばれるようになると、修道院はその薬理成分に期待して、スパイスを病人たちに摂取させようと考えます。馴染みのないスパイスの香りや味を緩和するため、スパイスを粉末にして蜂蜜菓子に混ぜ込んで食べやすくする工夫をしたことからスパイス入り蜂蜜ケーキ『レープクーヘン』が生まれました。

キリスト教では主イエスが断食をして40日間の修行を行った故事にちなみ、復活祭前の40日間を『四旬節』と定め、肉を断って精進します。甘くて滋養に富む『レープクーヘン』は味覚としても人々に受け入れられ、精進潔斎の期間の食物にもなりました。

                養蜂の方法は…

修道院に限らず王族や各地の諸侯たちも養蜂に力を入れましたが、その方法は古代エジプトやギリシャ文明以来のまま… 土や粘土を固めて成型した巣穴、わらや草を編んで作った巣籠、木製の桶、中をくり抜いた丸太など蜜蜂が巣作りしやすい人為的な空間を庭先に置く、さらに森林地域ではミツバチが巣を作りたくなるような空洞を森の木に彫る…などで、画期的な変革はみられませんでした。 

フランドルの養蜂風景『森で養蜂を営むツァイドラー』1568年Pieter Bruegel (1525/1530 – 1569)作

中世ドイツでは「ツァインドラー」と呼ばれる蜂蜜採集職人がハチミツやミツロウを供給するようになります。以下ドレスデン郊外のプルスニッツにある「ペファークーヘン博物館」に展示されていた養蜂風景です。お人形は近郊ザイフェンの街の木工玩具

(左)木の幹に穴を作り、ミツバチの巣作りを誘います。↓

(中央)煙をふかしてミツバチの動きを押さえ込んで巣を取り出します。

(右)丸太をくり抜いて作った巣箱

            レープクーヘンと蜜蝋細工

豊富に供給されるようになったハチミツを使って盛んになったのは『レープクーヘン作り』でした。ハチミツとミツロウを加工する権利を与えられたレープクーヘン職人たちがギルドを結成 店を構え、木型を彫って精緻で優美なレリーフが浮き出たレープクーヘンが作られるようになりました。職人達は彫り師も兼ねており、その型を使ってミツロウ細工やミツロウ蝋燭も作ったのでした。

*量産化のため彫刻の施された木型は使われなくなり、レープクーヘンはプレーンな形状になってしまいましたが、現代でも職業訓練ではハチミツ菓子作りとミツロウの蝋燭を作る技能はセットで習得されるということです。

              近代養蜂の幕開け

養蜂の長い歴史の中では、ハチミツの採取は養蜂箱のミツバチに煙をかけて不活性化させ、その巣を取り出し、押しつぶして蜜を採るという古来変わらない方法が続けられていましたが、ミツバチの巣を破壊してハチミツを採ると、そのミツバチの群れ(コロニー)も死に絶えてしまい、採蜜のたびにミツバチを犠牲にするしかありませんでした。

こうした方法に革命をもたらしたのが、19世紀中頃に米国人ラングストロス牧師がミツバチの習性を生かして発明した「可動式巣枠」です。この発明は、簡単に取り出せる木枠を巣箱に入れ、この巣枠に巣作りをさせるという画期的なものでした。

http://www.revolutionarywarjournal.com/honey-bees-in-early-america-white-mans-flies-fact-and-fiction/

この発明に伴ってミツバチが巣作りしやすいようにミツロウを六角形模様にプレスして作った「巣礎」や巣枠に貯まった蜜を振り出す「遠心分離機」などが相次いで考案され、現在も行われている近代養蜂の幕開けとなったのです。
この方法はヨーロッパにも伝わり、ミツバチを生かす養蜂が世界に広がっていきました。

巣箱の中に、ミツバチが巣をつくるための板「巣枠」が入っており、その巣枠の中の巣房(6角形のひとつひとつの部屋)に働き蜂が集めてきた蜜や花粉を集めます。→蜜がたまってくると蜂たちは羽で風を起こして蜜にあて、水分を飛ばして熟成させます。→水分が飛び糖度79度以上になるとミツバチが自ら分泌する蜜ろうで巣房に蓋をして(蜜蓋といいます)余計な水分が入らないようにします。

② ミツロウが多くなった巣枠からハチミツを取り出すためミツロウをナイフで切り落とし、蜜蓋の取れた巣枠を遠心分離機に入れてまわすと遠心力が働いて蜜が外に飛び出します。→ろ過しながらハチミツを別容器に移し、さらに目の細かい網でろ過して完成です!

https://takahashihoney.net/bottling/  伊豆の高橋養蜂様HPより映像をおかりしています。