桜の色と香りをそのままに…

 我が家のアプローチに華を添えて?いる桜の木は「愛染桜 あいぜんざくら」と古風で艶やかな名の持ち主で、添えられていた商標に北海道 松前で誕生した品種とありました。20年近く前に植樹されて以来横浜の地に良くなじみ、桜の木は剪定しない!が鉄則と知りながら、コンパクトな樹形を保つため我流の剪定を決行する私の無茶にも耐えて、毎年見事に花をつけ、目にもよし!香りも良し!と素敵な愉しみをプレゼントしてくれます。そしてその花の一部を頂戴し、塩漬けや梅酢漬けにして保存すれば、一年を通して春の記憶を愉しませてもらえる…ありがたい存在です。

4月初旬に満開をむかえ、10日もすると、ほぼ葉桜に… ↓

染井吉野が葉桜に変わる頃 硬く小さな蕾が膨らみ始めるのが八重桜 濃い紅色をしてうつむき加減の蕾は開花するにつれて優しい色合いにかわり、顔を揚げて華やぎを増していきます。つぼみが開きかけたものが香りよく、必ず対で咲きますので、軸ごとに摘み取って塩漬けと梅酢漬けにして『春』を閉じ込め保存します。

桜の花の塩漬け

《材料》

八重桜の花   100g

塩        20g (桜の花重量の20%)

白梅酢      適宜

保存用の塩    15~20g

《作り方》

*桜の花は5〜6分咲きを目安に摘み取ります。100g程度は摘んだ方が作業しやすいです。

① 花の柄の付け根をしっかりお掃除します。

(左)桜の花100gです。(右)花の付け根をお掃除します。↓

② たっぷり水をはったボウルに花をいれて、やさしくもみ洗いし、ザルに揚げて水を

 切ります。

③漬けもの容器に1/3量ほどの花を入れ、上から塩をまんべんなく振り、この作業

 を3回繰り返し、白梅酢をひたひたに注いで漬けもの容器のふたをし、ねじをゆる

 めに締め、2〜3日間冷暗所で保存します。

④ 水が上がってきたらアクを除くため桜の花をザルにあけ、手のひらで挟むようにし

 て水気を切り、花をやさしくほぐして漬けもの容器に平らに入れ、白梅酢をひたひ

 たに注ぎます。

⑤ 重しの表面に白梅酢がかぶるくらいに緩くねじを締めておくと、花はえもいわれぬ

    桜の香りを放ち、鮮やかな紅花色になってきます。4~5日したらザルに上げ、手

    に挟んで絞り、桜花に塩をまぶし瓶に詰めて保存します。片割れのものは取り分け

    て刻み、桜ご飯や和菓子に使います。

*⑥浸けて残った桜酢に大根や蕪にかるく塩をして水気を切って漬けますと、香りのよい即席漬けになります。

2日後早速桜茶に…お茶は桜の香りが移りほんのり塩味 うっすら塩味をまとった桜の花は香り高くふっくらで、春の恵みを噛みしめました。「ご馳走さまです。」

桜の花の梅酢漬け

*⑤の工程で、桜の花の水気を切ったら、新たな白梅酢をボウルにはって、その中で桜の花の塩気を落とし、保存瓶に花を入れ、新たな白梅酢をたっぷり注ぎ入れて保存すると、こちらも重宝に使えます。↓