Parkin パーキン (2)

 

11月5日イギリスでは『 Guy Fawkes Day ガイ・フォークスディ』が祝われます

あり合わせの材料で1607年に起きた上院議場爆破未遂事件の実行犯ガイ・フォークスを模った人形を作って街中を引き回し、夜になるのを待ちかねて広場に焚いたかがり火に人形を投げ入れます。人形からあがる炎でいっそう明るくなった夜空をさらに華やかに彩る花火を楽しみながら気勢を上げる…  

街中では爆竹がなり、庭でバーベキューを楽しんだり、花火をして楽しむ家庭も多いイギリスの秋の風物詩です。

焚き火をして人形を燃やすことからBonfire Nightともいわれるその夜はイギリス人が大好きなグリューワインやエールビールを用意して、焚き火の残り火でジャガイモを焼くのも古くからのお楽しみ…

子供たちは屋台のトフィーアップル(りんご飴)やキャンディーフロス(わた飴)を買ってもらってご機嫌です!

『パーキン 』がこのガイ・フォークスディに焼かれるお菓子になって久しいのですが、その経緯はといいますと、

イングランド北部やスコットランドで広く食べ継がれてきた『パーキン』は、11月オーツ麦の収穫が済むと家庭で焼かれてテーブルに登り、また収穫祭や教会の行事でも人気を集めてきました。

とりわけ「ヨークシャーパーキン」と呼ばれ、今でも年間を通してベーカリーの棚に『パーキン』が並ぶヨークシャーでは、11月の第一日曜日を「Parkin Sunday」として、地域こぞってパーキン を食べる習慣が続いているほど…

こうして育ち、長じて土地を離れた人たちは11月フレッシュオーツが出回る季節 になると、子供の頃親しんだ味と香りを懐かしく想い、各地で格別に美味しい『パーキン』を焼いて楽しんだため、パーキン はイングランド全土に広まったのです。

それはちょうど11月5日の『ガイ・フォークスディ』と重なって、さらにガイフォークスの出身地がヨークシャーだったこともあり、『ガイ・フォークスディ』には『パーキン』を!は揺るがないペアリングになったのです。

60年ほど前ペルーからロンドンにやってきたパディントン ベアがはじめてガイ・フォークスディの花火に遭遇した時のこと

パディントンがグルーバーさんにたずねると…

「ここではね、花火は1年に1回しかやらないんだ。

11月5日にね。」とグルーバーさんが言いました。

それからグルーバーさんは、何年も前 議会を爆破しようという陰謀があったこと、それ以来、この日はたき火と花火でお祝いをするようになったことなどを、いろいろ話してくれました。シリーズ第2話『パディントンのクリスマス』(1959年)第4章Paddington and the Bonfire(松岡享子訳)

1607年に起きたこの国王ジェームズ1世暗殺および上院議場爆破未遂事件は実行直前に企てが露見し、国会議事堂の地下室に大量の爆薬と共に潜んでいた実行責任者ガイフォークスらは捕らえられ、処刑されました。

この陰謀の失敗と国王の無事を祝って行われるようになったのが、『ガイ・フォークスデイ』です。

9月の末ともなるとイギリス中の至る所で子供たちが古着やボロ布で『ガイ人形』を作って、「A penny for the Guy! ガイのために1ペニーおくれ~!」と言いながら街を歩き、大人たちからお小遣をもらいます。

それを元手に花火を買ったり、お菓子を買ってガイ・フォークスディを楽しんでいたのですが、近年は安全のため子供が花火を買うことは禁止になってしまいました。

(左)Daily Mail  (右)Museum of London   50〜60年前の映像

「A penny for the Guy! 」の声が聞こえてきそう…

(左)1827年に描かれた最も古い画像の1枚 by George Cruikshank,↓

(右)Museum of London 50〜60年前の映像

1780年に出版された『マザー・グースのメロディー』に事件を題材にした童謡がみられます。

Remember, remember, the 5th of November

The gunpowder, treason and plot;

I know of no reason why gunpowder treason

Should ever be forgot.

Guy Fakes, Guy Fawkes,

T'was his intent,to blow up the king and the Parliament.

覚えておいて 覚えておいて 11月5日のことを

火薬陰謀事件のことを あの反逆事件を

忘れていいわけがない

ガイフォークス ガイフォークス

彼の目的は王様と議事堂を吹き飛ばすこと…

そしてジョン・レノンは『Remember』の最後に「…11月5を思い出せ」と歌っています。

: 

 about the way it's gone

Don't you worry

about what you've done

No no remember,remember

The fifth of November

リバプール出身の ジョン・レノン …ガイフォークスディーのお祭りとパーキンの思い出が重なっていたかもしれません。