色香を楽しむパセリが主役のレシピたち

ハウス栽培され1年を通して入手できるパセリですが、露地ものは春と秋に収穫量が増え、葉も柔らかくて美味い旬を迎えます。

パセリバター

バターにフレッシュハーブを練り込む「ハーブバター」になくてはならないのがパセリの存在!私はパセリとバターのみでつくるパセリバターが大好き。パンにのせてお手軽ガーリックトーストによし、お肉や野菜炒めに使えばあっという間にパセリグリーンが鮮やかで風味豊かなソテーの出来上がり!

《材料》

バター                100g
ニンニク             1片
パセリの葉部分     30g

      (市販品の1束分)
塩                       小1/2

胡椒                  少々

《作り方》

フードプロセッサーにざっくりみじん切りにした食材を入れ、バターとともに滑らかになるまで撹拌する…

ラップに包んで棒状にし、お好みのサイズに切り分けると使いやすく、そのまま冷凍も可能です。

この時巻き簾を使うと竹ヒゴと隙間のギザギザがそのまま円周に残って表情豊かな仕上がりに…お勧めです。

フードプロセッサーを使うとパセリの葉汁がバターに混じり、目にも美味しいフレッシュグリーンに仕上がりますので、…ここはフードプロセッサーかミキサーを使ってみてください。

パセリソース

《材料》

パセリ      30g(1束)

ニンニク     小1片

 塩         小1弱 

胡椒       少々      

オリーブオイル 70~100ml

《作り方》

パセリは洗って、水気を切り、葉のみを使います。ニンニクは粗いみじん切りにして、全ての材料をフードウロセッサー(ミキサー)に入れ、滑らかになるまで攪拌したら出来上がり。

☆アレンジも自由自在に…

上記のパセリソースレシピにパルメザンチーズを大1~2加えると旨みとコクが増します。チーズに加え160℃のオーブントースターで5〜6分ほどローストしたくるみ20gを加えるとジェノベーゼソース風にと発展! アレンジも楽しんで…

☆広がるメニューは無限大… 

夏野菜のグリル パセリソース

じゃがいも、南瓜、なす、トマトなど季節の野菜をグリルして、パセリソースをディップしながら食します。夏場はレンジ使用が楽ですね。

*ナスは1cm弱の熱さにスライスして両面に塩を振り、しばらく置くと

水分が浮いてきます。それをキッチンペーパーでふき取ってお皿に並べ、しんなりするまでレンジにかけます。☆塩をしてからレンジにかけると、その後放置しておいても褐変しにくいのでお勧めです。

ホタテのパセリソース 

《材料》

ホタテ貝柱(刺身用)  6個(200g)

オリーブオイル               小1

バター         10g

パセリソース

《作り方》

① ホタテは表面に十字に切り込みを入れ、50℃前後のお湯で、さっと湯通しします。

② フライパンにオーリブオイルをしき、強火にしてホタテを両面焼きます。

③ うっすら焼き目がついたらバターを加え、火を止めます。

④ お皿に③のホタテを並べ、フライパンに残ったソースをかけ、パセリソースをのせましょう。

パセリマヨネーズ

《材料》

卵        1個

米酢       大1

塩        小1/3

オリーブオイル  150ml

パセリ       15g

ニンニク     1/3〜1/2片

*パセリの一部をディルやミントなどのハーブに置き換えると、また風味が広がります。

《作り方》

① ミキサーに卵、米酢、塩、パセリ、ニンニクを入れて攪拌します。

②オリーブオイルを少しずつ加えて混ぜ、卵液がトロンと固くなってきたら出来上がり! 冷蔵庫で1週間保存可能です。