よもぎはハーブの女王さま

万葉集では「モグサ」や「サシモグサ」として詠まれ、古くから体の邪気を払う長寿の薬草として重用されてきたよもぎはカロテン・ビタミンC・カルシウムを多く含む緑黄色野菜 細胞の癌化を防ぎ、免疫力をあげ、余分な脂肪を分解、細胞の働きを活性させる等々の優れた健康効果に加え、香りでも癒してくれることから『ハーブの女王』と呼ばれています。

早春の野や河原で旺盛に新芽を伸ばすよもぎ…私の故郷信州では「餅草:もちぐさ」と呼ぶ方が通りがよく、昔からよもぎが草餅に使われてきたことを想わせてくれます。よもぎの独特の香りは春の訪れを感じさせてくれるのみならず、災難を遠ざけ、邪気を払う力があると信じられていたため、草餅にして神さまにお供えし、それを食べると災いが遠ざかると考えられてきたのです。

雛祭りに供えるものは…

三月三日の雛祭りは雛人形を飾って桃の花や菱餅を供え、白酒を飲んで祝う女の子にとっては特別な日 とはいえ、このような行事が行われるようになったのは江戸時代になってからで、 古くからの行事や慣習が融合して出来上がったお祝いです。

中国では季節や物事の節目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、三月初めの巳の日(みの日)を「上巳:じょうし」と言って不浄を払うために川に行き、禊(みそぎ)を行って、桃の花を浮かべた桃花酒(とうかしゅ)を飲む風習がありました。これが次第に川や池の辺りに座って、上流から流れてきた盃が通り過ぎないうちに歌を詠み、かつ盃を取り上げて酒を飲むという風雅な行事「曲水の宴」に発展。この風習が日本にも伝わり、平安時代 宮中や貴族のあいだで盛んに行われたのでした。

一方農村では草木が萌え出ずる春三月は、新しい年の農耕が始まろうとする時期にあたり、山の神をお迎えする季節でした。里に降りてきた山の神は田の神となり、田畑の作業が順調に進むよう見守ってくれると考えられていたのです。

その神は亡くなった祖先の霊魂でもあり、祖先の霊が時には山の神になったり、田の神になったり、水の神に姿をかえて現れるというわけです。昔は人が亡くなると魂は屋根の棟に昇り、その後村はずれの一本の木に宿り、一年たつと山に行って神になると考えられていましたから、春 人々は神を迎えるため山に出かけ、神さまと一緒にご馳走を食べて日がな一日遊び、神さまもお連れして里に戻ったのでした。これは「山遊び」と呼ばれ、海に近い地域では漁労の仕事が本格的に始まる前の3月浜辺で「磯遊び」の行事が行われました。

同じ3月初旬に行われる「上巳の禊」(じょうしのみそぎ)の考え方が伝わると、人々は身のけがれを洗い流す『巳の日の祓い』(みのひのはらい)のため、紙を人間の形に切り抜いて「人形:ひとがた」または「形代:かたしろ」を作り、それで体をなでてけがれを移した後、川や海に流すようになります。次第にそれは子供たちが河原に集まり、若菜など早春の食べ物をお雛様に供えして、みんな一緒にお汁粉などを食べたあと、紙や藁(わら)で作られたお雛様で体をなで、それを桟俵(さんだわら)の上にのせて、そっと川へ流す。こうすることで病気や身の汚れを人形(ひとがた)が流してくれるとする春の行事になっていったのです。米俵の両端の丸いふたの部分「桟俵:さんだわら」を船にして紙雛を流します↓

現代までこのような風習が残る地域もありますが、次第に「人形」をお寺に持って行って祈祷してもらえばそれで厄除けがすんだと考えられるようにもなっていきます。また美しく精巧な雛が作られるようになると、雛人形は流してしまうのではなく保存され、愛玩や鑑賞の対象になっていきました。雛の素材も紙から土製へ、胡粉(ごふん:貝殻を焼いて作った白色の顔料)を塗って顔を描き、美しい織りの布を使った衣装を着せたものが作られるようになり、江戸時代には公家や大名ばかりでなく、庶民に間にも雛人形を飾る風習が広まります。幕府が五節句を定めると、3月3日が女の子の雛祭り、5月5日が男の子の端午の節供として定着していきました。

雛飾りも様々なものが作られるようになり、上方では「雛の館」とよばれる御殿の中に内裏雛を飾り、御殿の前に公家風の嫁入り道具を並べる様式、江戸では武家風の段飾りで内裏雛、官女、五人囃子などの人形と調度品が置かれるスタイルが人気を集めます…

流し雛の風習が豪華な雛人形を飾る雛祭りにかわっても、かつての人間の身代わりとしての「人形」の意義は失われることはありませんでした。

雛祭りに欠かせないお供えものが「桃の花」と「白酒」そして「菱餅」です。

中国では桃は百歳(ももとせ)に通じ、邪気を払う神聖な木で、上巳の祝いに桃の花を浮かべた桃花酒を飲む風習がありました。日本でも桃には霊力があると信じられていたため、3月3日を『桃の節供』として雛人形には厄除けや禊の願いを込めて桃の花が添えられます。

江戸時代になると桃花酒にかわって白酒が飲まれるようになりましたが、こちらも祖先である神を迎え、お酒を供え、共に飲みながら邪気を払う思いが込められています。

菱餅の紅、白、緑の三段重ねの色はそれぞれ桃の花、白酒、草餅の色を表すと言われています。草餅はよもぎを入れて作りますが、よもぎはその香りから邪気を払う力をもっていると信じられ、「山遊び」に出かけた人々もそこでよもぎを摘み、持ち帰って草餅にしてお迎えした神さまに捧げたのです。

こうして三段それぞれに禊(みそぎ)の願いが込められている菱餅ですが、そのひし形は子孫繁栄と長寿の力があるとされた菱の実の形を写したものともいわれ、江戸時代には菱餅そのものも菱の粉から作られていました。

雛人形を飾り、その脇には邪気を払う桃の花が飾られ、同じく桃酒から代わった白酒と、厄除けや禊さらに子孫繁栄や長寿の願いまで込められた菱餅も供えられる雛飾りはまさに女の子の健やかな成長と幸せを願う両親の思いの結晶

その雛飾りの前で女の子たちが集まってままごとや会食を楽しむ「雛遊び」はかつての宮中や貴族の子女が「紙の人形を使って遊んだままごと遊び」や農耕の神様を迎える「山遊び」ともつながり、雛祭りは古来の「ままごと」や「山遊び」、「巳の日の祓い」そして両親の愛が融合してできあがったお祭として現代に受け継がれているのです。

生活の中で…

飲んで良し、付けて良し、嗅いで良し、浸かって良し、燃やして良しを揃えた『ハーブの女王さま』のよもぎですが、近頃は「よもぎといえば草餅!」以外その影が薄くなっているような気がします。再認識の気持ちも込めて、その多彩な使い道を揚げてみると…

食用に… 草餅・菱餅・天ぷら・おひたし・あえもの等に メニュー・レシピはこちらから

お茶に… 若い芽や若い株を干して作る『よもぎ茶』は煎じて飲むと、腹痛・胃潰瘍・食あたり下痢・貧血・冷え性などに効果あり!

蓬湯に… 成熟したよもぎを干し、入浴剤として使うと血行を促進させるため、冷え性・肩こり腰痛・神経痛・痔・リウマチなどの症状をやわらげ、あせもや黄疸にも効力を発揮します。

血止めや切り傷の殺菌に… 生葉を揉んだり口でかんだものを傷口に押し当て血止めをしたり、切り傷や虫さされに付けて消毒殺菌の応急処置に、打撲・水虫にも効力発揮

漢方薬に… 痔の出血を止め、出血にともなう貧血・めまい・手足の冷えなどを改善するとされ生薬『帰膠艾湯』(きゅうききょうがいとう)の主成分として使われています。『病を艾(止)める』という意味から漢方では『艾葉 ガイヨウ』と呼ばれます。

お灸に…よもぎ葉の裏面は白い毛が密生して白っぽく見えます。葉を乾燥させ、裁断したら石臼に挟んででゴリゴリ…上下の石の境目から出てくるふわふわの綿毛が『もぐさ』で、この綿毛に独特の芳香となる香気成分シネオールなどの精油成分が含まれているのです。綿毛は他にもオクラや枝豆、キウイや桃などにもみられる「毛状突起」といわれるもの。ダテに生えているわけではなく、①虫などの外敵に食べられにくくする。②表面に傷がつきにくくなる。③温度や水分を調節する。④直射日光から表皮を守る。⑤特有の匂いを放つ化合物を出す。などの役目を担っているといいますから、素晴らしい!また「ブタクサ」「トリカブト」「ナガミヒナゲシ」など姿が似ている草と見分ける一番のポイントが葉裏の綿毛ですから、綿毛が密集して生えていること、独特の香りをもっていることを確認してから摘みましょう。

草木染めに…たっぷりのお湯によもぎを入れて煮出し、濾した液に衣類を浸け込み、色が移ったらミョウバン、銅、鉄などの媒染剤を使って色を定着させます。

魔除けに…平安時代 貴族から庶民まで火事や邪気を避けるおまじないとして菖蒲の葉と共によもぎの葉で屋根を葺いていた故事に基づき、軒先によもぎの葉を飾ったり、投げ上げたりする風習が残っています。

以上 本当に多彩な使い方があるもので、生活が自然から遠のいているのが寂しいですね。これを機に…

それぞれに活躍中…

『よもぎ』は北半球の温帯を中心に250種が分布し、日本では30種ほどが確認されて、総称して『Artemisia princeps ニホンヨモギ』と分類されます。

ニシヨモギは香味野菜

薩南諸島~沖縄諸島 韓国から中国 、インド 東南アジアにまで分布しているのが『ニシヨモギ Artemisia indica』苦みが弱く、食感も柔らかいため食用に適しており、その葉は調味料や薬味、料理の色づけなどに使われます。沖縄では『フーチバー』と呼ばれ香味野菜として栽培 販売されて、郷土料理に欠かせない存在!

ベトナムでも鍋の具として使う他、スープに入れたり、麺や春巻きの皮などにも混ぜ込んで利用されるなどその使い方も多彩。よもぎ餅『Banh It Den バイン イット デン』は緑豆から作った餡が入って、かすかな苦味と清涼感のある香りが人気のスィーツです。 バナナの皮に包まれていたバインイットデン→

ヨーロッパでは…

ヨーロッパを原産地とするのが『ニガヨモギArtemisia absinthium』です。香りを放つ植物を邪気払いに用いたのは日本や中国などのアジア文化圏に限ったことではなく、古代ヨーロッパではニガヨモギを毒消しや魔除け、神事の供物に用いており、その学名Artemisia absinthiumは「聖なる草」を意味するエルブ・アブサントに由来します。このニガヨモギはヨーロッパに広く自生し、草丈40~100cmほど 全体を細かな白毛が覆って、独特の臭いがあります。

「聖書の時代から…」といいますから2000年もの昔からその葉や茎を干したものが傷の炎症を抑え、肝臓や胃腸の強壮に効力を発揮し、腸内の寄生虫駆除にも効くとして家庭に常備され、煎じて使われてきました。また干した葉茎を袋に詰めて衣類の防虫剤としても使われました。

薬用として開発された『ベルモット』

ヨモギに含まれる栄養成分や薬用成分を上手に利用するため考案されたのがニガヨモギをワインに漬けて造ったフレーバードワイン『ベルモット』です。

その起源は古く、古代ギリシアの医師ヒポクラテスがワインに薬草を溶かし込んだ薬酒を作ったことからとされ、修道院主導で薬草やハーブ、スパイスを使って様々な薬酒が作られました。ペストがヨーロッパで猛威をふるった際「リキュールは病の苦しみを和らげる」と処方されたことも、修道院がリキュールのレシピ開発に熱心に取り組んだ背景になっています。

17世紀に入りドイツで白ワインにニガヨモギの香りを移した『ベルムートWermu』(ドイツ語でニガヨモギ)が作られると各地に伝わり、イタリアでは甘みを加えた『スイートベルモット』、フランスでは辛口の『ドライベルモット』が開発製造され、今日に至っています。

スイートベルモットはイタリアンベルモットとも呼ばれることがあり、ドライと比べるとハーブの風味が強く、その多くはカラメルで着色されるため淡褐色です。国際的に流通しているのはチンザノ (Cinzano) 社やマルティーニ (Martini) 社製のもの

冷やしてストレートでも、ロックでも楽しめるベルモットですが、カクテル等にせずそのまま飲むなら、飲みやすさや入手のしやすさからチンザノ社のベルモットがお勧めです。

ドライベルモットはフレンチベルモットとも呼ばれ、ノイリー・プラット (Noilly Prat) が有名で、カクテル「マティーニ」に使われることでも知られています。

香りがよいので、紅茶に加えるという飲み方も素敵です。スイートベルモットを、熱々の紅茶に加えて… ベルモット自体が甘いので、ストレートティーがお勧めです。昼下がりのティータイムなら小さじ1杯、就寝前なら大さじ半〜1杯を加えてみてください。あたたかな紅茶にベルモットの豊かな香りが際立って、癒されること間違い無しです。

リキュール『アブサン』も薬用から…

1792年スイス人医師のピエール・オーディナーレが蒸留酒に『ニガヨモギ』『アニス』『フェンネル』などハーブやスパイスを使って『アブサン』を開発します。当初は薬用とされ、北アフリカのアルジェリア侵略戦争に従軍したフランス兵たちが赤痢予防のためにアブサンの摂取を習慣にしたため、彼らの帰還後フランス中に広がって、ワインより安価な酒として市場を独占するに至ります。

感性やインスピレーションを引き出す霊酒として、芸術家に愛飲され、彼らは時に心身に異常を来たし、時に人生を破滅させました。それがアブサンに含まれる幻覚成分ツヨンのせいなのか、単なるアルコール中毒だったのかは定かではありませんが、アブサン中毒で身を滅ぼしたとされるのは36歳で夭逝した画家のロートレックやゴッホなど。

近代になると技術の革新や食生活の富裕化、あるいは医療技術の進歩によって、リキュールは薬としての役割を失い、風味や色を重視したものが作られるようになっています。